インドで豆腐屋になろう!⇒とうふ屋でした

デリーにて、手作り豆腐・納豆を2年間販売してました。現在東京にて、次なる活動に向けて、充電中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジーマーミババロア

伊勢丹の食料品売り場で発見したジーマーミババロア。

07-04-12_09-13~00.jpg


300円なり。
原材料:ぴーなつ、乳製品、水、砂糖。
販売元:有限会社 ファーティル

食べてみた。
ピーナツバターそのもの。
大変濃厚なお味。
そのまま食べるのが辛くてペーグルにのせた。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/13(金) 13:00:07|
  2. ジーマーミ豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レシピ公開

先日、お花見でお世話になったGさんがわざわざ
ジーマーミ豆腐のレシピを教えてくださいました!
すりごきを使うのがポイントなのでしょうか?
やってみます。

-----------------------------------------------------
材料
 地豆(落花生)  生2カップ
 芋くず 1カップ
 水 6カップ

つけ汁
 だし汁 大さじ4
 醤油 大さじ2
 みりん 大さじ1

トッピング
 卸し生姜 少々

作り方

①地豆は熱湯につけてふやかし、皮をむいて洗っておく。

②地豆と水3カップをミキサーにかけてつぶし、これを布巾でしっかり絞る。

③芋くずは残りの3カップの水で溶かして沈殿しないように網杓子で漉し、②に混ぜる。

④③を強火にかけてしゃもじで混ぜながらゆっくり練り上げる(途中で中火にする)。たねが重たくなったらすりこ木に切りかえる。

⑤流し箱にぬれ布巾を絞って敷き、その中に④を流し込んで固め、適当な大きさに切っておく。

⑥小鍋にだし汁、醤油、みりんをひと煮立ちさせてから冷まし、つけ汁を作っておく。

⑦器につけ汁を張り、地豆豆腐を盛り付け、卸し生姜を天盛りにして供する。

おきなわの味 外間ゆき・松本嘉代子 ニライ社 

  1. 2007/04/11(水) 00:13:45|
  2. ジーマーミ豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジーマーミ豆腐5

木曜の成功で気を良くした私は、朝早くおきて
再度制作しました。
友達の家に遊びに行くので、お土産にと思って。

今回もタピオカ粉で作りました。
順調に制作。
心なしが火が通る時間がどんどん短くなっていく気がします。
何故でしょうか?

友だちは歓待してご馳走を作ってくれたので
ついジーマーミ豆腐を食べるのを忘れてしまいました。
大失態です。

余った分は翌日実家にもって帰り、両親に試食を頼みました。
先日沖縄土産にとジーマーミ豆腐を買って帰りました。
母は大変気に入っていたので、まだ記憶にありましたが、
父は全く覚えていなかった。
あの手の食感は女性に人気がある気がします。

父には普通に醤油で食べさせたところ
「生まれて初めて食べるから何といえばいいか分からない」
とのこと。
母は和菓子が大好きなので絶対甘いほうがいいと思い
黒蜜で試食してもらいました。
エグミのない上品な黒蜜だったので、豆腐が勝った感じでした。
沖縄のコクのある黒蜜にあるんだろうなーと
思いました。
  1. 2007/03/30(金) 01:37:04|
  2. ジーマーミ豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジーマーミ豆腐4

いも葛の失敗がショックだったので、
タピオカ粉に戻して4回目制作してみました。

さすが4回目ともなると慣れてきたようで、
順調に完成。
バイト先にもっていき
お客さんに味見をお願いしました。
沖縄式の甘いだし汁はお酒飲みには不評なので
用意しませんでした。

醤油と塩で食べてもらったところおおむね好評。
小さく切り分けたときの断面も滑らかさに
かけるものの、2層に分かれるようなむらは
みられませんでした。

地道に作り続けるのみです。
  1. 2007/03/29(木) 01:28:12|
  2. ジーマーミ豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジーマーミ豆腐3

三回目は、先日沖縄ショップで購入した芋くずを使って
みました(前回まではタピオカ粉)

07-03-27_17-08.jpg


どうもピーナツの香りが薄い気がするので、
今回は豆をミキサーにかけるときのさし水をお湯に。
呉もしばらく放置。
成分が溶け込むのを狙ってみました。

火にかけ始めて、あっという間にどろどろになる。
いも葛の威力にかなり驚く。
だまにならないように力を入れて練る。
へらで持ち上げても液だれしないぐらい、
しっかりとした餅になりました。

冷やして試食。
前回見られた豆乳の離水もなく、見たい目はいい感じです。

そしてお味…
硬かった。翌日のお団子のように弾力がありません。
原因は火にかけすぎたことなのでしょうか?
それともいも葛だから?
再チャレンジしてみます。
  1. 2007/03/28(水) 13:55:47|
  2. ジーマーミ豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。