インドで豆腐屋になろう!⇒とうふ屋でした

デリーにて、手作り豆腐・納豆を2年間販売してました。現在東京にて、次なる活動に向けて、充電中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベジタリアンであること2

前回のお話の続きです


まあ、インド人のベジタリアンは尊重すべきだと思ったものの、


やはり私自身は、そういう風に育ったわけでもないし、

そのような生き方を信条に生きていこうと思ってはいないので、

ベジタリアンになることはないと思ってました。


ただ、女性にありがちですが、私はそれほどお肉に執着はなく、

外食などで、たまに食べればOKというスタンスなので

動物性タンパク質にはあまり執着ありませんでした。


それぐらいが平和というか、真面目に日本でベジタリアンを

やるのは、本当にいばらの道だろうな、大変だなと思ってました。



しかし!!

運命だったのか、

私は一時期日本でベジタリアンライフを送ってました。

しかも、ヨガまで熱心にやっていて。

帰国してからのほうがヨギニライフ度高かったです。




そもそも、帰国後もやはり体調は一進一退、少し力んで何かをしようとすると

かーなーらーず、ダウンを呪いのように繰り返していました。

そして、健康診断の数値は問題なしという、

典型的な不定愁訴状態でした。

まあ、だましだまし暮らしていたのですが、いちねんほどたってから

とうとう危ういバランスも完全に崩壊しまして。


子供のころからのアレルギー体質を完全にこじらせ、アトピーが爆発。

皮膚がむき出しの状態、リンパ液が出っぱなし状態になってしまいました。

そうなると、もう服が切れないのですよ。

とても困るので、もはややることは体質改善しかありませんでした。



アトピーには動物性たんぱく質や、添加物などが大きく影響するようで

やむなくお野菜中心生活。

日本に来て、ベジタリアン生活をまじでやることになってしまったんです。



インドでやっとけば、もっといろいろ食べられたのに!

って何度も思いましたよ。




そんな中、とてもお世話になったのが、

ゆるべジの世界。

インドにいた時も、限られた食材で和風なものを作るのに

本当にお世話になったあな吉さんの本でした。

全メニュー制覇した本も何冊もあります。

まーじーで、簡単で1から手作りなのに、すぐできるんです!




ベジタリアンの方じゃなくても、おすすめ。

少し不便な国に行かれる方は、これを持っていけば

不便に負けずに、手間もかけずに、食生活を維持できると思いますよ!


お勧めです



ちべまろがインドで愛用してたのは 異国風レシピと スイーツ本でした 




パンが好きなので、帰国後出版されたこの本も衝撃でした。



普通にお手軽なら、10分レシピかな


スポンサーサイト
  1. 2013/05/14(火) 13:59:47|
  2. お豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千里香で羊肉と豆腐干食べてきました@新大久保 | ホーム | インドで一番心に残ったことは ベジタリアンであること です>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://densuke3.blog75.fc2.com/tb.php/267-e0275a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。