インドで豆腐屋になろう!⇒とうふ屋でした

デリーにて、手作り豆腐・納豆を2年間販売してました。現在東京にて、次なる活動に向けて、充電中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

島豆腐

沖縄豆腐ネタ2段。
沖縄旅行中、何が一番楽しかったかと言うと
スーパーに行くことでした。

本土と違う色が派手なお魚、
本土では売られていない豚さんのパーツ、
地元料理のお惣菜、
お茶といえばサンピン茶、
ビールといえばオリオンビール、
牛乳なんかも地元の製品がメインです。
どれも物珍しく、海外旅行のようなときめきが。

そして、お豆腐コーナーで一番驚いたのは
「出来立てほやほやの温かい豆腐が、
 ビニール袋に入って売られている」ことでした。
ビニールにはお店の名前が印刷されてます。

そんな袋入りのお豆腐がどの店でも一番目立つように売られていました。
傍らには豆腐からでた水が入ったステンレスの四角い桶が
どの店にもありました。
お客さんが購入時に捨てるのでしょうか?

温かいまま豆腐を売ることも
袋に入っていることも大変な驚きでした。

温かいという事は店の裏で豆腐を作っているのでしょうか?

私が豆腐屋に行ってたときは、
「豆腐は痛みやすい。それを少しでも防ぐために、芯まで冷やすこと」
と習いました。
寒い中、3度のお水に手を突っ込んで豆腐をいじったものです。

ビニールで売るというのも斬新。
沖縄育ちの人に聞いたところ
「豆腐はビニールに入っているもんだ」とのこと。
沖縄ではビニール袋に豆腐は一般的の模様。

私がインドで出店したらという話を、豆腐屋店主と話した時
パックはどうするのか?パックがなければ豆腐は売れない
頭ごなしに言われたものです。

沖縄で一般的な「島豆腐」は、そのまま炒めても
崩れないぐらい硬いのが特徴のようです。
だからビニール袋に入れて売るのも可能なんでしょうけども。

温かいまま、袋に詰めたら早く悪くならないの??
そんな風に思いつつも、
食べきりごめんの健全な食文化の地域なのかと思ったりもしました。

なんというか、東京のお豆腐屋のこうじゃなくちゃ駄目!
をことごとく裏切る、いい意味での斬新さ。
お豆腐屋になることに、ときめきを感じさせてくれました。
そんなときめきは、またまだ続きます。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/16(金) 00:33:22|
  2. お豆腐
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<豆腐屋訪問 | ホーム | ジーマーミ豆腐>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://densuke3.blog75.fc2.com/tb.php/33-01ec83e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オリオンビール-やっぱり日本食

オリオンビールオリオンビール株式会社は日本の大手ビールメーカー。沖縄県に本拠を置く。ビールのブランドであるオリオンドラフトを指して「オリオンビール」と称することもある。シェアでは日本国内第5位。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wiki
  1. 2007/03/20(火) 00:37:51 |
  2. やっぱり日本食
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。