インドで豆腐屋になろう!⇒とうふ屋でした

デリーにて、手作り豆腐・納豆を2年間販売してました。現在東京にて、次なる活動に向けて、充電中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベジタリアンであること2

前回のお話の続きです


まあ、インド人のベジタリアンは尊重すべきだと思ったものの、


やはり私自身は、そういう風に育ったわけでもないし、

そのような生き方を信条に生きていこうと思ってはいないので、

ベジタリアンになることはないと思ってました。


ただ、女性にありがちですが、私はそれほどお肉に執着はなく、

外食などで、たまに食べればOKというスタンスなので

動物性タンパク質にはあまり執着ありませんでした。


それぐらいが平和というか、真面目に日本でベジタリアンを

やるのは、本当にいばらの道だろうな、大変だなと思ってました。



しかし!!

運命だったのか、

私は一時期日本でベジタリアンライフを送ってました。

しかも、ヨガまで熱心にやっていて。

帰国してからのほうがヨギニライフ度高かったです。




そもそも、帰国後もやはり体調は一進一退、少し力んで何かをしようとすると

かーなーらーず、ダウンを呪いのように繰り返していました。

そして、健康診断の数値は問題なしという、

典型的な不定愁訴状態でした。

まあ、だましだまし暮らしていたのですが、いちねんほどたってから

とうとう危ういバランスも完全に崩壊しまして。


子供のころからのアレルギー体質を完全にこじらせ、アトピーが爆発。

皮膚がむき出しの状態、リンパ液が出っぱなし状態になってしまいました。

そうなると、もう服が切れないのですよ。

とても困るので、もはややることは体質改善しかありませんでした。



アトピーには動物性たんぱく質や、添加物などが大きく影響するようで

やむなくお野菜中心生活。

日本に来て、ベジタリアン生活をまじでやることになってしまったんです。



インドでやっとけば、もっといろいろ食べられたのに!

って何度も思いましたよ。




そんな中、とてもお世話になったのが、

ゆるべジの世界。

インドにいた時も、限られた食材で和風なものを作るのに

本当にお世話になったあな吉さんの本でした。

全メニュー制覇した本も何冊もあります。

まーじーで、簡単で1から手作りなのに、すぐできるんです!




ベジタリアンの方じゃなくても、おすすめ。

少し不便な国に行かれる方は、これを持っていけば

不便に負けずに、手間もかけずに、食生活を維持できると思いますよ!


お勧めです



ちべまろがインドで愛用してたのは 異国風レシピと スイーツ本でした 




パンが好きなので、帰国後出版されたこの本も衝撃でした。



普通にお手軽なら、10分レシピかな


  1. 2013/05/14(火) 13:59:47|
  2. お豆腐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インドで一番心に残ったことは ベジタリアンであること です

インド暮らしで、一番心に残ったのは、やはり食に関してでしょうか。


インド人は毎日カレーを食べているのかとよく聞かれますが、


日本人が醤油味を食べるのと同じ感じですよと


答えております。


私個人のベクトルで一番心に残ってるのは、


ベジタリアンであるということです。


やはり日本人である私とある程度お話ししてくれるような人は


いろいろとグローバルになるべく行動を起こしているようで、


とりあえず脱ベジタリアン、肉を食らうことに挑戦しているような印象でした。


結果、お肉はせいぜいチキン、赤い肉は無理という人もいれば、


肉は無理、卵まではOKとしてみたり。



なんとか、脱ベジタリアンを果たして彼ら彼女らが

はじめて動物性たんぱく質を口に入れてた時の話も興味深いです。


なんとか口に入れてみたものの

やはり飲み込めず涙ぐんでギブアップした、

もしくは飲み込んだけど消化できずに…


など。



納豆を始めて食べる人、

そのた、テレビなどで芸人さんが珍味に挑戦する様子と

まるで変わらなかったのだと思います。



その後、帰国して、すぐに「テルマエロマエ」の漫画を読んだのですが、


主人公が伊豆のような温泉街にタイムスリップ。


昭和なラーメン屋で、ラーメンと餃子を食べて、あまりのおいしさに


感激するというくだりにがーんとなりました。



そうなんだ、一緒に同じものを食べておいしいって思えるのって


とてつもなく素敵なことなんだ
って思えたのです。




でも、だから、ベジタリアンの人に肉を食えと私が言いたいのではないのです。


肉が好きな人にベジタリアンになれというのも違う。


肉を食べたくない人は食べなくていいし、


食べたい人は食べたい人でいい。


そういう風に相手を尊重するのって、とても素敵だと思うし、


グローバルな態度ってものだと思うのです(話がおおきくなりましたが)



本当は、本の話が書きたかったのですが、書き出したらするすると

長く書いてしまいました。

本の話は、次回に譲ります。




  1. 2013/05/10(金) 13:44:05|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミャンマー豆腐を食べてきました@高田馬場ノング インレイ

やはり、とうふとか、インドと聞くとなんとなく反応してしまう
生活を続けております。


4月だっていうのに、北の地方では雪が降ったり、東京も雨の週末
だったので、気分転換にミャンマーのお豆腐を食べに行ってきました。

豆腐揚げ

まずは、ミャンマーお豆腐の揚げ物。
厚揚げのようですが、食べてみると少し違う。
ごま豆腐のようなプルプル豆腐でした。

どうも、インドでいうところのベサン(ひよこ豆の粉)を煮て
作るみたいです。
ベサンで作れるなら、本当に簡単ですね。

DSCF0564.jpg

こちらも大本命のお目当ての品だったのですが、あいにく売り切れでした(涙)


シャン麺


で、ウリのシャン麺をいただきました。
ホーのようなお米の麺にごまたっぷりでヘルシーです。

付け合わせは、高菜の油炒め。
シャン料理は高菜をよく食べるようで、その他メニューに一杯ありました。


こちらは、中華めんとジャガイモとご飯をあえたアッソントゥというメニュー。
日本にない味って書いてあるので、頼んでみました。


アッソントゥ

上にテンパリングしたムングダルがトッピングされているだけでなく
ムングダルかき揚げもの乗ってます。


私は一昔前、ミャンマーに旅行に行ったことがあるのですが、個人的な意見として、
ミャンマー料理って、インドの風が少し入っていると思います。
このムングダル使いに、ややぐっと来てしまいました。

エビカレー
ふりかけ

炭水化物の連発でお腹がいっぱいになってきたので、ラスト。
エビカレーです(やはり炭水化物ですが)。

ミャンマーでよく食べたカレーも確かに、こんな感じの油をまとってました。
油のまとい方もなんとなくインド風な気がしますが、どうでしょうか?

そして、ご飯と一緒に小魚などを揚げたふりかけも付いてきます。
これをご飯にかけてからカレーを食べると、おいしさ一気にアップです。
この辺は東南アジア風ですね!


一般にミャンマー料理は脂っこいといわれてますが、シャン族の料理は
日本人好みのさっぱりといわれているようです。

本日食べた感想も同様。
油の存在は感じたものの、塩辛くも、唐辛子の辛さも、酸味も感じない
マイルドな味付けでした。


高田馬場はリトルヤンゴンといわれていて、ミャンマー料理のレストランが
たくさんあります。
私は今回で2件目でした。
次回は、とうふ麺リベンジするか、他のお店に行くか大変迷います。


今回のお店情報はこちらから→ノングインレイ
  1. 2013/04/21(日) 23:42:35|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれから、2年ですね

皆様、お元気でしょうか?

帰国後、ホームタウン東京で元気にやっております。

私も、ご存知の方はご存じの飼い犬も帰国後ダウンを繰り返し

壮絶闘病生活

というのは、かなり大げさですが、健康管理第一の生活を余儀なくされて

おりました。



でも、この春はそんなことも、記憶に残ってないぐらい

元気になっております。感謝です。

人生は、とりあえず健康第一です。


元気がなくて一番つらいのは、好奇心を失ってしまうことだと思いました。

そして、好奇心を失うと、最初はいらだちや怒りとお友達になり、

次のステップとして気力もなくなってしまうように思いました。


ずっと好奇心が強すぎて、わくわくする気持ちだけで

(ぶっとんだ)行動(インドで豆腐屋とか)

してしまうことが多くて、

この気持ちってなんか意味があるのかな(もっと普通になりたいんだが)と

おもってましたが

これが自分にとって本当に大事なものなんだなと認めざるを得ないです。



このブログもずっと放置していて、もうインドで豆腐を売る日が来ると思えないので、

いっそ削除してしまおうかと思っていたのですが、

春の芽吹きとともに?

ついに更新することを決意しました!


今後、地味ではありますが、また少し食べ物を作るというテーマで

活動していこうと思ってただいま準備中です。

具合が悪い日々でも、食べること、料理することに関しては興味を

持つことができました。

そんなわくわくする気持ちを、皆さんとシェアできればうれしいです。

詳細については、またこちらでお知らせいたします。

微力ではありますし、至らないことも多いと思いますが、

どうぞよろしくお願いします!

DSCF0125 (640x480)
※散歩中発見した大好きな黄色の花の生け垣です!何の花でしょうか?



  1. 2013/04/18(木) 13:06:12|
  2. ご報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ご報告】チャリティ納豆について

集金も無事終了し、本日石巻動物救護センターに15000円募金しました。
うち、売り上げは12000円程度です。
販売にかかった雑費は自己負担とし、さらに私の気持ちをほんの少し追加して
キリよく15000円にしました。

振り込み画像はこちら→http://t.co/PNjHibA

募金先の団体はこちら→http://tohoku-arc.com/ishinomaki/donate.html


一日も早く皆様とペットたちが落ち着いた生活に戻れますように
願ってやみません。

ご協力いただいた皆様に心からお礼申し上げます。

  1. 2011/04/27(水) 23:36:26|
  2. ご報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。